憲法9条をノーベル平和賞に申請したニュース

憲法9条をノーベル平和賞に申請したニュース

あまりときめかない情報の毎日だったが、ニュースを見ていたら、このたび憲法9条をノーベル賞の候補として申請した人たちがいるのだという話だった。
爆笑問題の太田さんが中沢さんと共著でそんな本を書いていたことを思い出して、このニュースにとても興味を持った。なんでも、憲法そのものをノーベル賞に申請したけれどそれはダメで、活動団体として日本国民という申請にしたら候補として申請が通ったという事だった。

 

私自身も、どういう経緯であっても日本という国がこの憲法を作りそれを実践し誇りに思うという考えでいたので、この話はとても頼もしく思った。ノーベル賞が適当かどうかは分からないが、人として生きる上でとにかく世界に誇るべき志を示した憲法だと私も思うし、内容も目指すものが他国の人にもわかりやすいと思っていたので、これは面白いことになってきたと感じる。

 

それに引き替えこの国の今の政治姿勢は、選ばれたと言っている人たちが利益ばかりを追い国の本当の平和を思っているとは思えないし憲法9条の心を忘れているように思うけれど、様々な世界の国の人たちはこの9条をうらやましいことだと思っていると聞くし、私自身も国民の一人として守り貫きたい思いがあることには変わりはないので、本気で応援したいと思う。

 

これは平和を守ろうとする個人や政党の政治家を応援するよりも、一つの国の問題ではなくなり広い視野での活動なので大変面白く効果的だと感じる。こんな素晴らしい憲法を持っているというのにその自覚もなく過ごしている日本にとっても、世界がどういう思いで日本を見ているのかに気づくいい機会でもあると思う。
夢物語に終わらせないで、世界中で応援してほしいと思う。

 

それと同時に、私たちも自分の国の憲法や9条を世界の人にも自分達にもしっかりと説明できるようにもう一度学びなおさないといけないのだと思う。
このニュースを知ったり見ていた人がどれだけいるのかわからないけれど、この先の動きがとても気になる。