時には自分に大甘で

時には自分に大甘で

毎日の暮らしの中でストレスに晒されていない人はいないと思う。
仕事や人間関係、他人の吸うたばこの煙や紫外線。現代社会では、ストレスの原因も人の数だけ存在していると言える。
そこで、健康のためにも美容のためにも、ストレスを上手に逃がしてやることがとても大切になる。普段社会人として私達は、自分に厳しく他人に親切に、と、心掛けている。まあ、時折逆の人もいるようだが、そのあたりはイレギュラーということで。そこで、ストレスフリーにするためには、思い切り好きなことをするのが重要だと思うのだ。
私の場合、壁を殴りたいほどのストレスを感じたらまずコーヒーをがぶ飲みする。その昔なら胃に悪いと言われそうだが、コーヒーが胃炎と関わり合いが無いことは近年では常識だし、何より香がリラックスさせてくれる。
しかも、この香というアイテムは、脳の活性化にもリラックスにも役立つことが分かってきているらしいのだ。
医学的に認知症予備軍とされている人に、昼間はレモングラスとミントの天然アロマを、夜はラベンダーとオレンジの天然アロマを嗅ぐようにさせると症状が軽減するという実績もあるのだそうだ。合成アロマでは効果が無いらしいのが、素晴らしいことだと思う。認知症どうこうというのでなくとも、よい香りを嗅げば爽やかな気持ちになれるのではないだろうか。因みに私は以前からお香が好きでよく焚いている。
お香といっても別に青雲とかではなく、ちゃんとハーブ系のものが日本香堂からも販売されている。家族には煙臭いと不評なのだが、お香を焚くときの私はストレスがピークなのだから仕方ない。自分以外のことは構わず、自分を甘やかして明日の鋭気を養うのだ。スイーツでも焼肉でも、好きなもの好きなことで自分に大甘な一日を作る。長く健全でいるために一番重要だと私は思うのだ。