家庭教師のアルバイト

家庭教師のアルバイト

わたしは以前塾の講師をしていたことがあり、今でもたまに家庭教師のバイトをすることがあります。仕事は、家庭教師サイトに登録し、そこから連絡をもらう登録制になっています。最近受け持ったのは、私立中学校受験の女の子です。

 

この子は入試まで2ヶ月ほどと、かなり期間が短く初め話を聞いたときは無理ではないかと断ろうとしました。しかし、本人がどうしてもその学校に行きたいという意思があったため引き受けました。わたしは、普段別の仕事をしているため、家庭教師の期間はかなり忙しくなります。特に、塾で教えるのとは違い、その子に合うカリキュラムをこちらで組む必要があるため、すべてが手探りの状態です。

 

私立中学校受験の要になってくるのは何と言っても算数です。学校で習う範囲を逸脱した内容が問われ、それを知らないと、いくら頭がよくても解くことができません。幸いにも、この子が受験する学校は算数がそれほど難しくはありませんでした。さらに、彼女自身がそろばんでかなりの段を習得していました。わたしはそろばんは詳しくないため、初めは軽く見ていましたが、計算力は充分受験に通用するものでした。

 

また、そこから培われたのか読解も非常に速く、指導をするにつれ、確かな手ごたえを感じました。もともとのポテンシャルに加え、それからの追い上げもあり、彼女は無事受験校に合格しました。当初は軽い気持ちで始めたバイトでしたが、終わってみれば本当に様々な経験をしました。合格したときのうれしそうな顔を見たときの喜びは、他の仕事ではなかなか味わうことのできない達成感を与えてくれました。今は本業が忙しくなかなか家庭教師はできませんが、今まで指導してきた子たちの喜びの顔は心に残っています。